2011年06月11日

イタリアの脱原発国民投票始まる。

明日12日の午前8時から、イタリアの原発再開の是非を問う国民投票の投票が開始される。投票は、12日の午前8時から午後10時までと、翌13日の午前7時から午後3時までとなっている。日本の感覚で言うと、日・月で行われるのはちょっと違和感があるかも、、、、
今回投票に付される国民投票は4つあって、ひとつは、水道事業の民営化の是非を問うもの、もう一つは、水道料金を利益が出るように事業者が値上げできるという法律の是非を問うもの、そして、3つ目は、イタリアでの原子力開発再開の是非を問うもので、4つ目が国の重要な職にある期間は、その人物の刑事訴追を停止するという法律の是非を問うものである。

水道事業の民営化に関しては、この間、ベッペ・グリッロなどが強く反対していたもので、水道事業を民営化することで、どんなことが起きているかは、真保裕一の小説「ブルー・ゴールド」なんかでも若干触れられていたけれど、公共サービスに資本主義市場の考え方が導入されることにより、ライフラインの一つである「水」の価格が上がって、貧困層での水が使えなくなるってことが起きるという。
2つ目は、まさにそれで、水道事業への投資に見合った利益を上げるために、水道料金を7%上げるって法律らしい。

3つ目の原発問題に関しては、日本のマスメディアでも取り上げられていたが、原子力開発の再開を目論むベルルスコーニ政権は、今後8機の原発を建設するという方針を出したのだが、それに反対するものである。

4つ目も、日本のマスメディアが取り上げているので、詳しく書かなくてもいいかな、、、

いずれの国民投票も、現在ある法律の該当する条項の削除を求めるものだ。
イタリアの国民投票は、何種類かあるのだが、多くの場合、現在ある法律の廃止ないしは条文の削除を求めるものである。
これは、三権分立の民主主義のシステムにおいて、立法権と司法権は、それぞれ国会と裁判所にあるわけで、なんでも国民投票で決められるようになっていると、その根幹が崩れてしまうから、立法権のある国会ないしは、行政権を持つ政府が出した政令などについて、署名を集めることで、裁判所の審査を受けて、その是非を問う国民投票が実施できる形になっているようだ。

今回の原発国民投票に関しては、投票日が迫るなか、6月9日に、ローマ法王が、新たにバチカン市国に着任した大使を前に、フクシマの原発事故の例もあげ、「人間は、神の作った自然を傷つけるようなことをしてはならない」と原発反対の意思表示をしている。ドイツ出身の法王なので、ドイツの脱原発の動きに影響されたとは思えないけど、これは極めて異例なことだと思う。

そもそもバチカン市国とイタリアとの関係は、建前上、ラテラノ条約によって、内政干渉はしないことになっている。もっとも、かつてキリスト教民主党がイタリアの与党であったころは、選挙のたびに、内政干渉まがいの発言をして、キリスト教民主党有利に動いていた過去もあるけれど、今回はまったく正反対の発言だ。

イタリアの有名な歌手チェレンターノも、これまた有名なテレビ司会者サントーロの番組の中で、今回の日本の震災の映像や、韓国映画「ツナミ」からパクった映像と思われるものをコラージュしたビデオクリップを発表したりしている。
http://tv.repubblica.it/copertina/no-al-nucleare-l-incubo-di-celentano-in-video/69843?video

国民投票は、日本の震災前から準備されてきたものだが、福島原発事故の影響がどの程度出てくるのか、結果に注目して行きたいと思う。
posted by tady at 11:12| ローマ | Comment(3) | TrackBack(0) | イタリアのニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

あるキング 読了

伊坂幸太郎の「あるキング」を読み終わった。
キングつながりってことで、図書館で借りてみた。
ある地方の弱小プロ野球球団の熱狂的なファンである両親が、生まれた自分の子どもを、その球団のスタープレイヤーとして育て上げるって話なんだけど、なにやら中途半端。黒づくめ怪しい人物たちや、殺人事件、今は亡き人の霊魂やら怨念やらも登場したりして、なにかしらの隠喩なのかなぁーなんて思うんだけど、分かり辛い。文体は伊坂らしく読みやすく、ところどころにキラリとした発想もある。例えば、9割バッターなんてのが出現したら、野球は面白くなくなるとか、、、、
でも、読後感は、なんだかなぁーってところ。
posted by tady at 21:15| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キング&クイーン 読了

柳広司の「キング&クイーン」を読み終わった。
以前読んだ彼の本「ダブルジョーカー」が、そこそこ面白かったので、図書館で見つけて借りてみた。
ある事情から警視庁のSPを辞め、六本木のバーで、用心棒をしている女性が主人公。
そんな彼女の元に持ち込まれたのは、アメリカ大統領から命を狙われているという元チェスの世界チャンピオンのボディーガードの仕事だった。
構成は、主人公がSPを退職するまでの事情を回想するかのような、元同僚たちとのやりとりと、チェスの世界チャンピオンの生い立ちが、交互に錯綜するもので、決して読みやすいものではないが、読み手を惹きつける仕掛けは十分。
最後は、なにやらはぐらかされたような気分。
読み終わって思ったのは、男性型、女性型が曖昧な日本語だから成立するストーリーだなってこと。
なんで?と思う人は、読んで見てください。
posted by tady at 21:02| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年5月のアクセス解析

5月の訪問者数は、2315人。ページヴューは14308だった。
更新した記事の数は15。その大半は、イタリア映画祭に関するものだ。
今年のイタリア映画祭は、震災というよりも原発事故の影響で、海外ゲストが一人も参加しなかった。
イタリアのL'Aquilaで、2009年に震災があり、308人が亡くなった時には、イタリアの有名な映画監督たちが、震災直後から現地に入り、ドキュメンタリーを撮っていたりした。もし、イタリアの映画人が来日していたら、その時の質問でもぶつけてみようかと思っていたのだが、それはかなわなかった。
イタリア映画祭で上映される作品のうち、日本で一般公開にまでこぎつける作品は数少ないので、見られるのはこの映画祭一度切りって作品も多く、忘れないうちに記録しておこうと、ブログの更新を頑張ったので、それを多少評価してもらっての2000人超えのアクセス数なら嬉しいのだけれど、、、
5月後半は、まったく更新できてない。
posted by tady at 20:30| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年4月のアクセス解析

5月から6月にかけて、久しぶりの5連勤があったり、1年半ぶりに夜勤が始まったりと、ブログを更新している元気がなかった。
なによりも、先の見えない原発事故が気にかかり、休みが合えば、デモなどにも参加しているのだが、鬱々とした気分が、すっきりせずにいる。
そんな精神状態が反映しての、更新停止が続いていた。
この間も、本は読んでいるし、ラーメンも食べているし、イタリアの情報にも目を通すようにしているので、ネタはあるんだけどね。
そんなわけで、まずは、ずっと気になっていた4月のアクセス解析から
4月の訪問者数は、1978人で、ページヴューは11510。更新した記事の数は11だった。
ラーメン関係のネタは、書いていないので、記事の内容は、ほとんどが読んだ本の話。
アクセス数がまがりなりにも維持できているのは、過去記事のおかげかも
posted by tady at 20:15| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。