2011年10月06日

ブログ再開

4か月ほど、ブログの更新をしていなかった。
3.11の震災があり、その後の福島第一原発の事故による放射能汚染の広がりに、気持ちが萎えてしまった。
読んだ本の話とか、食べたラーメンの話などしている場合じゃないだろうって気持ちもあったし、UstreamやTwitterで流れてくるマスメディアに載らない情報を読んでいると、ほんとうにこの国は、どうなってしまうんだろうか? っていう鬱々とした気持ちになってしまったのだ。別に僕自身が鬱状態ってわけではなかったのだが、ブログを書こうという「気力」が萎えてしまったのだと思う。

東京で、大きな脱原発(昔は反原発と言ったものだが、、)集会がある時は、なるべく都合をつけて参加してきたし、9月19日の6万人集会へも行った。デモ中の沿道の人々の反応は、以前では考えられないくらい好意的で、何かが変わりつつあると感じたのだが、マスコミの報道は、通り一遍で、今までと大きく変わることはなかった。

思うに、今の日本の現状は、政治家や財界人、大手報道機関やマスメディアには、理解できない状況に陥っているのではないかということ。
理解できないだけならまだしも、震災と津波により傷ついた人々や放射能から身を守ろうとしている人々の妨げにさえなっているように思ってしまう。

3.11以降、感じていたのは、この震災と原発事故により、日本は震災と原発事故を経験した人と、しなかった人の2種類に分かれるのではないかってことだったのだが、どうやらそうではなく、民衆(と言う言い方が古風ならば市民)の側にいるのか、いないのかってことになりつつあるような気がする。
日本列島の地盤が大きく揺らいだことで、政治家センセイや如何にも知ったような振りをするマスコミが知らないうちに、日本社会の地殻変動が進んできている感じがしている。

そんな中で、どうでもいいようなブログを続けるべきか迷ったのだが、何人かの読者の方から、どうしたの?というメールを頂いたりして、あまり気負うことなく、とりあえず再開してみようかなぁーという気持ちにようやくなってきた今日この頃。そろりそろりとブログを再開しようと思います。
posted by tady at 16:36| ローマ ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。