2010年11月05日

ジダンとマテラッツィ、ミラノで和解

スペインのスポーツ紙、marcaが報じたところによると、2006年のサッカーワールドカップ決勝戦で、頭突きを食らわせたジダンとそれを被ったマテラッツィの二人が、偶然に、レアル・マドリッドの選手達が宿泊しているミラノのホテルで出会い、和解したという。これは、イタリア語の新聞 La Repubblicaが報じた記事
http://www.repubblica.it/sport/calcio/champions/2010/11/04/news/zidane-8731508/
で、ネタ元と思われるスペイン語の記事がこっち
http://www.marca.com/2010/11/04/futbol/equipos/real_madrid/1288887433.html

イタリア語の記事は、ほぼそのままスペイン語の記事を翻訳した内容だ。

元インテルの監督で現在レアルのコーチを努めるJosé Mourinhoと会うためにマテラッツィがホテルで待っていたところに、現在レアルのチームアドバイザーを努めているジダンが、やってきたそうで、最初は、覚めた感じで挨拶を交わしていた二人だが、しばらく話し込んだ後、親しげにハグを交わして別れた様子が目撃されたんだそうだ。
posted by tady at 09:32| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。