2011年03月09日

How Much CO2

General Electric社が、「How much CO2」っていうオンラインアプリを出したって記事が、La Repubblicaに出ていた。
http://www.repubblica.it/ambiente/2011/02/21/news/mandare_un_email_ecologico_costa_solo_4_grammi_di_co2-12648179/index.html?ref=search
ネタ元のサイトを見てみたら、
http://visualization.geblogs.com/visualization/co2/
フラッシュのSWFで作られたインタラクティヴサイトだった。
データは、ここからダウンロードできる。
http://files.visualization.geblogs.com/visualization/files/2011/01/GE_carbon_4thJan.zip
webブラウザがインストされていて、フラッシュが使える環境なら、ダウンロードしてゆっくり見てみると面白いかも。
もちろん英語なのだが、どんなものが、どれくらいのCO2を出しているのか、見ることができる。
La Repubblicaの記事にもあったけれど、例えば、いくつかある人間の形をしたイラストをクリックしてみると、年間最もCO2を出しているのはオーストラリア人で、30トン。ついでアメリカ人で28トン。世界平均だと7トンで、中国人は3.3トン。最も少ないのはアフリカのマラウイ人で1トンなんてのが分かる。
辞書を片手に、読み解いてみてもいいかも。

ネタ元のhttp://visualization.geblogs.com/には、他にもいろいろなデータをヴィジュアライズしたものがあって、それを見てみるのも面白い。
例えば、ヨーロッパのエネルギー依存の状態をヴィジュアル化したのが、これ
http://energy.publicdata.eu/ee/vis
下にある左側から、国民一人当たりのCO2排出量をクリックすると、各国の順番が並び変わる。丸の大きさは人口を表しているのだろう。
右端に来て、一番排出量の多い国は、LU(ルクセンブルグ)。左端はTR(トルコ)ってのが分かる。ただ、一人当たり×人口になるので、単純には比較できないから、それが丸の大きさってことだ。丸の上にマウスのポインタを持っていくと、グラフが出てくる。

その次にある更新可能エネルギーのシェアってのをクリックすると、右端に来るのがSE(スウェーデン)で、北欧の国が右側に多く並んでいる。電気エネルギーだけを見るなら右端をクリック。NO(ノルウェー)の電気は100%更新可能エネルギーで賄われていることになる。アイスランドは、2008年の統計がないようで、ここも100%なんだけど、途中から消えている。

右上の年を現す数字の両サイドにある矢印をクリックすると、それぞれの項目について、年別のデータで入れ替わるのでこれも面白い。

さらに、上述のサイトからリンクをたどっていくと、自然の価値のヴィジュアル化なんてのもあった。
http://footprint.dataalchemist.com/
世界地図の上に、生物学的なキャパと人間の影響ってのを比較して、どれくらい自然に負荷がかかっているかっていうのを見て分かるようにしてある。
二つの国をクリックして、左下にあるcompareってのを押すと、比較できるようにもなっている。

僕はLinuxのOpensuseを使っていて、メインのブラウザはグーグルのChromeなんだけど、場合によってマルチメディア系のサイトがうまく表示できないことがあるので、そんな時はFirefoxに切り替えている。今回紹介したサイトも、ChromeでダメでFirefoxで見られたり、その逆なんてのもあったので、使っているパソコンの環境によってはうまく見られないかもしれない。まあwindows系なら問題はないと思うけど、、、
posted by tady at 16:18| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189757801
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。