2011年04月11日

小暮写眞館 読了

宮部みゆきの「小暮写眞館」を読み終わった。いつものように、かなり長い小説だ。
そして、久しぶりに現代の少年が主人公になっている。
彼女の初期の作品には、少年を主人公にした、超能力ものの面白い作品があったのだけれど、久しぶりにそのカテゴリーに入る作品かもって感じの出だしで、読み出した。ところが、心霊写真をモチーフにした超能力ものかと思いきやさにあらず。
それぞれの登場人物は、生き生きとしているし、設定も巧みで面白いのだけれど、どうも話に一本の筋が通っていない感じで、ちょっと散漫な感じがしてしまった。
作品の世界に引き込まれてしまって、読み終わった後のカタルシスみたいなものを感じられなかったのだ。
悪くはないんだけどねぇ。
posted by tady at 11:01| ローマ 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

「小暮写眞館」宮部みゆき
Excerpt: 物語のすべてが詰まった700ページの宝箱。もう会えないなんて言うなよ。あなたは思い出す。どれだけ小説を求めていたか。ようこそ。3年ぶり現代エンターテインメント。 700ページありとても長い作品....
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2011-04-12 18:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。