2011年04月20日

4月29日で消されちゃう!

ネットが進化したことで、マスメディアでは流れない映像も見ることが出きるようになってきた。
今の原発事故の状況の中で、マスメディアは信用できない。
ネットが流してくれる情報は、例えば放射線量なんかに関しても、マスコミよりは信用できたりする。
僕が住んでいる神奈川県の環境線量をモニタリングしているサイトは、毎日チェックしている。
それでも、今まで、最大値が150ナノグレイだったグラフが、突然300になっていたりする。
原発事故以前は、最大値を150にしておいても、環境放射線量は、多くても50ナノグレイほどだったので、問題はなかったようなのだが、今回の原発事故で、150ナノグレイを越える日が出てきてしまったので、最大数値を300に変えたようだ。
ネットから見られるのは、過去1ヶ月までなので、震災から1ヶ月が過ぎた現在では、震災直後に跳ね上がったグラフは、見ることができない。
以前の状況を知らないと、原発事故以前の通常時の放射線量に比べて、現在は倍ほどになっていることは分からない。
環境中に放出されている放射能は、事故前に比べて、確実に高くなっているのに、、、、、
今ネットで公開されている動画で、見た方がいいよってのが、いくつかあるのだが、これも4月29日には削除されてしまうらしい。
時間があったら、見てください。
<embed id=VideoPlayback src=http://video.google.com/googleplayer.swf?docid=-6601369124230620869&hl=ja&fs=true style=width:400px;height:326px allowFullScreen=true allowScriptAccess=always type=application/x-shockwave-flash> </embed>

<embed id=VideoPlayback src=http://video.google.com/googleplayer.swf?docid=-584388328765617134&hl=ja&fs=true style=width:400px;height:326px allowFullScreen=true allowScriptAccess=always type=application/x-shockwave-flash> </embed>

現状の放射能による汚染では、「ただちに」人体に影響はないって政府もマスコミも言っているのだが、心配なのは、人体にとって微量でも環境にとっては、存在しなかったものが出ているわけで、例えば、細菌やらウィルスといったものが受ける影響だ。
放射線は、DNAに影響を与えるわけで、人間には「ただちに」影響はなくても、微生物やら細菌に影響が出れば、未知の病原菌が生まれてしまうってこともあり得るのではないかってことだ。
新型インフルで、あれだけ騒いだのだから、今回の原発事故の影響によって、自然界に多くの突然変異の因子をまき散らしているってことを関連付けて考える必要もあると思うのだが、、、、
posted by tady at 22:24| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196818350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。