2011年05月04日

イタリア映画祭2011 その4「ロバの美」

原題は「La bellezza del somaro」。監督は、俳優でもあるSergio Castellittoだ。2007年のイタリア映画祭で上映された、Gianni Amelio監督作品「星なき夜に」で、中国を旅するイタリア人技師を演じた彼が印象に残っている。今回の作品では、監督と主演を努めている。

Castellittoが演じる主人公マルチェッロは建築家で、妻は心理セラピスト。10代の一人娘ローザがいる。50歳を迎えた彼は、職場に愛人がいるものの、物分かりのよい進歩的な父親を自認している。そして妻であるマリーナも、カウンセリングに来る患者を大切に思う医者であり、娘を理解している母親であると思っている。
同年代の友人の息子と娘が付き合い、寝ていることを薄々分かっていても、鷹揚に理解を示しているのだが、、、、
秋のバカンスに、トスカーナにあるマルチェロ夫妻の別荘に、友人達を招き、泊まり込みのパーティーを催すことになる。マリーナは、患者を放って置けないとカウンセリングをしている患者まで招待する。二組の友人夫妻とその子どもたち、マリーナの母親などが集まる中、娘のローザを訪ねて、彼氏がやってくるのだが、なんとそれは70歳を越えたおじいさんアルマンドであった。
当初、友人の息子と別れたという娘が、同級生の黒人(彼もイタリア人の養子という設定になっている)と付き合い始めたのではないかと気を揉んでいたマルチェロとマリーナだったが、人種差別はよくないという思いから、受け入れようと思っていたのだが、登場した娘の彼氏を見て仰天してしまう。
本音と建前の間で揺れ動く両親を、厳しく批判する娘。一方で、彼の方は、淡々と落ち着いた態度で人々と接し、豊かな人生経験とその人柄で、回りの人をたちまち虜にしてしまう。
動揺する人間達を、静に見つめるように、ロバのシーンがあちこちに挿入される。

体面を取り繕い、本音を隠して建前を演じようとする大人と、悩みながら成長していく子どもたち。それら全ての人々と対等に接するアルマンドと遠くから事の成り行きを見守るロバ。

50代のイタリアの大人たちの有り様と、そんな親たちに育てられ、乗り越えていく子どもたちの現在を笑いを交えて、実にうまく描いている映画だった。

今から15年ほど前に、僕がイタリアにホームステイしていたときの家族を再訪し、そこの娘さんと彼女の友人たちと話したことがあった。当時、彼らはまだ、10代後半だったのだが、既にイタリアの離婚率は高くて、10代の子どもたちの親の多くが離婚していたり、その後、恋人ができたりで、実に複雑な家庭環境にいる子たちが多かったことを思い出す。そんな彼らももう30代のはず。
そう思うと、この映画で描かれている家族関係っていうのは、まったくの映画的フィクションではなく、かなり現実に近いものなのではないかと感じた。
子どもたちが、親たちを非難するシーンは、まさにその通りと、手を叩きたくなるほどだった。
posted by tady at 00:14| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199078387
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。