2011年05月19日

イタリア映画祭2011 その14 まとめ

ようやく、今年のイタリア映画祭で見た11本の映画の感想を書き終わった。

一番印象に残っているのは、「われわれは信じていた」だ。リソルジメント前後の歴史をもう一度勉強し直してから、再度見てみたい作品である。

「星の子どもたち」も良かった。現在の政治の状況に対する欲求不満を、コメディと言う形で表現していて、現実はなかなか変わらないけれど、見終わって、ちょっと気持ちが明るくなる映画だった。

一方「ロバの美」と「もう一度キスを」は、イタリアの50代、40代の人間関係を描いていて、社会というよりも、個々人の置かれている状況みたいなものを垣間見ることができた気がする。

そういう意味では「ぼくたちの生活」も、現代イタリアの様子が分かる作品であった。

「アルデンテな男たち」は、同性愛と言う問題を中心に置いて描いているってのは、イタリア映画として、新しいかな?

「キスを叶えて」は、実験的映画の趣きが強く、そこそこ面白かったけど、引き込まれるような面白さではなかった。

「穏やかな暮らし」と「初任地にて」は、今まで見たことがあるような内容で、いまいちだった。

「ラ・パッショーネ」は、劇中劇ってことで、前回のイタリア映画祭で上映された「それもこれもユダのせい」に似ている感じがあって、二番煎じかな。

「はじめての大切なもの」は、ステファニア・サンドレッリの演技だけで、満足。

後、今回の映画の多くで、音楽が重要な役割を果たしているって気がした。「星の子どもたち」も「はじめての大切なもの」も、かつてのヒット曲から取られているし、「ぼくたちの生活」の中のヴァスコ・ロッシの歌も重要な役割を果たしていた。
ジョヴァノッティの音楽も使われていたのだけど、どの作品だったか思い出せない。

映画祭のプログラムには、監督へのインタビューや俳優の経歴などが掲載されているし、それぞれの映画のキャストなど大まかな内容はでているのだが、使われた音楽とかは、詳しく出ていないので、その辺も充実してもらえると嬉しいなぁ。

ということで、今年のイタリア映画祭の報告はこれにて終了。
posted by tady at 10:29| ローマ | Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イタリアと日本の間の飛行機で今回の映画祭で上映された「ロバの美」「穏やかな生活」の2本を見ることができました。
「星のこどもたち」もあったのですが、飛行機の中で何本も映画を観ていると睡魔に負けてしまい見ることができませんでした。
「はじめての大切なこと」は友人がDVDを用意してくれたので、週末にでも観ようと思います。
「われわれは信じていた」は一番気になる作品だったので、観れなくて本当に残念です。
イタリアも決して良い環境ではないのは、現地のニュースや友人の話から感じとれました。
本当に明るい兆しが欲しいですね・・・。
Posted by uovo at 2011年05月31日 21:32
uovoさん、コメントありがとうございます。
飛行機の中で映画を見ることなんて、ここしばらくしてません。羨ましい限り。
それにしても、いずれの作品も、飛行機の中で上映されるほど、ポピュラーな映画なんですね。
イタリア映画祭のラインナップは、毎年とても良いと思ってます。イタリアの友人などにあらかじめ情報を得ようと、どんな映画? って問い合わせても、どれも良い映画だよって言われます。
ただ、僕的には、もっとB級映画とか、インディーズ系の映画も見たいと思うのですが、日本に於けるイタリア映画のプロモーションって側面もある映画祭なので、あまりにもニッチな作品は選ばれないんだろうなぁー。
日本映画で寅さんを外せないように、イタリア映画では、トトを外せないと思ったりするのですが、トトの映画は、日本ではほとんど知られていませんよね。
でも、イタリアのリアルな部分を知りたいと思えば、B級作品にこそ、それが現れていると考えています。
朝日新聞主催ってことで、「格調高い」作品になってしまうのだろうけれど、その点は、ちょっと残念です。
「ロバの美」いかがでしたか? 僕のイタリアの友人たちは、映画に登場する人たちの10歳ほど年上になるので、10年あまり前に、イタリアを訪れた時に、映画で描かれているような世界をリアルで見ていたりします。
映画に登場する「あの老人」のように、僕が年老いたら、フラッとイタリアを訪れて、若い恋人でも作れたらいいなぁーなんて思ったりして、、、
映画の感想も、そのうち聞かせてください。mixiの日記とかでね。
Posted by tady at 2011年05月31日 22:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/202197594
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。