2010年06月14日

今週食べたラーメン10年6月第2週

7日月曜日が休みで、久しぶりに関内二郎に行ってみた。相変わらずの行列で、待つことおよそ30分。
ここでの僕の定番、小ニラキムチを注文。ここの味はいつも安定していて安心して食べられる。
トッピングはニンニクヤサイにしてもらった。脇で一生懸命食べていた人は、ロットの回転に間に合わず、次の人が後ろで待つハメになっていたのを脇目で見つつ、さっくりと完食して席を譲った。
関内二郎は回転が良くて、かなりの列でも、思ったよりずっと早く席につけるのだが、ゆっくり食べる人にはちときついかもしれない。

次の休みは11日。ここのところ職場でのストレスがかなりあって、休みの日の朝はグッタリ。この日も普段の休日より随分と遅めの起床となってしまった。
遠出は諦めて、近場にある花月で、現在の期間限定ラーメン熱烈坦々麺を食べることにする。
チェーン店のラーメンの中では、毎月新しいラーメンを出して、それもそこそこのレベルっていうのは、結構すごいことだと関心している。
今回の坦々麺も、辛さはいまいち深みを感じられなかったが、胡麻の風味はちゃんとあって、もやしや肉味噌のトッピングもいい感じ。足りない辛さを卓上の壺ニラを大量に入れて補い完食。スープまで飲み干してしまった。
posted by tady at 10:56| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

今週食べたラーメン10年6月第1週

5月31日から4連勤で、4日と5日が休み。久々の連休だった。しかし、4日は先日購入したTVと冷蔵庫が配送されてくる日で、自動車の保険の更新もあり、午前中はバタバタ。
どうにかお昼前にすべてが終わり、禁断症状の出ていた二郎を食べるために上野毛二郎に行く。

久々の二郎で、かなり満たされた。

翌5日の休みは、天気がよければどこかにハイキングに行くつもりだったのだが、目覚めると曇り空。天気予報では、午後から崩れるってことで、出かけるのは諦め、午前中は、買い物やら庭の伸びた木の刈り込みなどをやり、遅くなってしまって遠出はできず。で、通し営業をしているラーメン店ってことで、近藤家に行って、塩ラーメン中盛を食べた。初めて中盛を食べたのだが、さくっと完食。ここの塩ラーメンはやはりうまい。バラ肉の炙りチャーシューも以前よりやや厚めの感じで、おいしかった。
帰りにパソコンショップでビデオカードの安売り品を購入し、帰宅してからPCをいじる。
最近メインのPCの調子が悪く、しばらくほおってあったサブのPCをチューンすることにする。
メインPCはopensuse11.0で、サブには11.2を入れているのだが、サブの方は、KDEのバージョンが上がっていたりして、使い方に慣れなくてしばらく電源さえも入れていなかった。
いろいろいじくっているうちに、これは最初からクリーンインストールした方がよさそうだってことで、初めからやり直し。これからメインPCのデータを移したり、使いやすいようにチューンする作業が待っている。
でも、来月になるとopensuse11.3がリリースされるんだよなーー
posted by tady at 22:09| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

2010年5月のアクセス解析

5月の訪問者数は、2538名。ページヴューは18099だった。更新した記事の数は22。これは、イタリア映画祭があって、自分の見た映画を記事にしたので、更新が頻繁だった。しかし、後半は失速してしまって、1週間近く更新が出来ていない。

イタリア映画祭関係を除くと、ラーメンと読んだ本がメインとなっている。
ネットでイタリアの情報は読んでいるのだが、それを読みこなして、日本語にする時間がとれないのが現状だ。
もう一つ、更新が出来ていない言い訳をすると、現在のメインPCの調子がイマイチで、しばしばハングしてしまう。書きかけた記事が途中でハングして、最初からやり直しってことが度々あった。
そろそろPCの組み換えが必要なようだ。
一応、反ウィンテルなので、メインPCはAMDのCPUで、OSはLinuxのOpensuseを使っている。ただ、組み替えるのが面倒くさくて、Opensuseのヴァージョンは、11.0のままなので、最新の11.2に移行する時期にきているのかもしれない。
マニアックなPCネタは、このブログの主旨ではないので、あまり記事にしていないが、設置しているFC2のアクセス解析を見ると、以前と比べて、ちょっとだけだけど、linux系のOSからのアクセスが増えている。
posted by tady at 20:51| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週食べたラーメン10年5月第5週

26日が休みで、その前日25日は、珍しく早番。だいたい休み明けの早番から始まって、遅番のあと休みってパターンが多く、遅番勤務は夜の10時終了なので、休み前と言っても飲みに行ったりすることは、なかなか出来ない。ところが今回は早番休みのパターンで、それに合わせたように、以前の職場の同僚から飲み会の誘いが入った。これは行くっきゃないでしょw飲み会の前に軽くお腹に入れておこうと、一風堂で白丸を食べる。セットメニューならそうでもないけど、ラーメン単品だと割高感があるな。
飲み会では、それぞれが勤務する介護現場についていろいろ話が聞けて、勉強になった。

翌26日の休みは、家電製品を購入。最近冷蔵庫の温度調節がおかしくなって、冷蔵が冷えすぎて冷凍になってしまうって故障が発生。もう10年以上使っているので、買い換えることに。
また、テレビもブラウン管がそろそろへたってきて、なんとなくぼやけて見えるようになったので、こちらも地デジ対応の薄型テレビへと買い換えることに。
そんなわけで、ラーメンを食べに行く時間はなかった。

30日が休みで、しばらく二郎を食べていないので、二郎の禁断症状がでてきたのだが、なにせ日曜日は休みのところが多い。加えて、この日はテレビのアンテナ工事の見積もりに業者が来ることになっていて、指定された時間が12時から2時の間ってことで、まさに二郎の昼営業とバッティング。
業者は2時ちょっと前にやってきた。
結局通し営業をしていて、二郎っぽいラーメンってことで、「どん」に行くことにした。
新メニューとして味噌ラーメンが登場していたが、なるべく二郎っぽいデフォを注文。それなりに美味しかったんだけど、やっぱり二郎じゃない。次の休みこそ、二郎を食べるぞぉー
posted by tady at 03:16| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

今週食べたラーメン10年5月第4週

先週から今週にかけては、キツい勤務だった。4連勤の後1日休みで、再び4連勤。
休みだったのは18日。この日は午前中買い物を済ませて、午後からスパに行った。
途中、最近開店した新店「風雷人」でラーメンを食べる。
以前は居酒屋だったところで、先日通りかかった時に、ノボリが出ていて、新しい店が出来たんだぁーと思ったのだが、今回が初訪問となる。
外には、スープにこだわっているという宣伝文句の書かれた看板が出ていた。
入店してメニューを見ると、ラーメンは風でつけ麺は雷ってカテゴリー別けになっていた。
注文したのは風ラーメン。
出てきたラーメンのスープを一口飲むと、なにやら薄い。味は良いのだけれど、コクがないのだ。
麺は中太縮れ麺で、表面がツルツルしていて、角張った四角い麺。トッピングは、チャーシュー、極太のメンマ、海苔、白髪ネギ、半熟玉半分などで、いい感じなのだが、どうも全体のバランスが悪い。量も値段の割に少なくて、満足感はあまり得られなかった。
厨房では店員たちが何やら味の研究っぽい会話を交わしていたので、今後に期待ってところだろうか?

後半の4連勤を終えて、日曜日が休み。実は、友人からBBQの誘いがあって、希望休としてとった日曜日休みだったのだが、キャンセルとなってしまった。最も天気が悪くて、正解だったかもしれない。
同時にこの日は、亡くなった父親の命日だったので、朝から家人を連れて墓参り。その後買い物を済ませて、ラーメンを食べにいこうと思ったのだが、雨足は強くなる一方で、疲労もかなりあり、近くのスーパー銭湯へ行く事にする。ちょっと回り道をして、「ガキ大将」で、坦々麺を食べる。以前、ネットでなかなかいけると書き込みがあったので、試してみた次第。
トレイに乗って出てきた坦々麺には、自分で擦ってねという感じで、小型のすり鉢にごまが入ったものと、小皿に揚げにんにくチップと辛味噌が乗ったものが付いてきた。
ごまを擦り、にんにくチップと辛味噌を入れて食べると、なかなか美味しい。
ただ、値段(960円)の割に量が少なく、コストパフォーマンスは悪い。
この値段を出すのなら、もっと美味しいラーメンを食べられる店は、いくらでもありそうだ。
posted by tady at 21:45| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月17日

今週食べたラーメン10年5月第3週+α

12日、13日と連休。12日は天気が悪く、午前中買い物などをして、お昼に上野毛二郎に行く。GW中は、休みの支店も多く、また、僕は休みにはイタリア映画祭に行っていたので、久々の二郎だった。やっぱり二郎はうまい。脂は多いし、化学調味料たっぷりなんだけど、どうしても食べたくなってしまう。この日もかなーりしょっぱかったけれど、スープもずいぶん飲んでしまった。
ここのところ疲れが溜まっていて、この日は贅沢をしていつも行く日帰り温泉により、午後はお湯に浸かり、レストルームで本を読んだり午睡したりして、ちょっとだけ疲れがとれた。

翌13日は、天気予報では晴れってことだったので、朝早く起きて、丹沢にシダンゴ山に登ってきた。新緑の季節、それほど高くなくて、お手頃で緑の多そうな山ってことで選んでみた。
小田急線の新松田に9時半ちょっと前に到着。バスで寄(やどりき)まで行き、そこから登り始める。幹線道路から脇道に入ると、バスはどんどん山の中へ。所々に藤が綺麗に咲いていた。深い渓谷を左手に見ながらしばらく行くとまわりが開けて集落が現れた。すると間もなく終点の寄のバス停に到着。
バス停から中津川に架かる橋を渡ろうとすると、杖をついた地元のおじいさんが、「登山かね?」と声をかけてくる。「ええ、シダンゴ山に登ろうと思って」と答えると「あの山がそうじゃ」と山を示してくれた。天気も良く、ウグイスなどが鳴いていて、実にのどか。山々の緑は、トーンの違う緑のジグソーパズルのように山肌を彩っていた。
舗装されたお茶畑の間を通る細い農道を登り始める。これがまた急な坂道で、すぐに息があがってしまう。すぐ目の前を、同じバスに乗ってきた初老の男性3人組が登っていた。途中で彼らを追い抜いて、猪よけのゲートを開けていよいよ山の中へ。比較的歩きやすい雑木林の中の道をひたすら登る。山肌を吹き抜けてくる風が、ヒンヤリとして汗ばんだ肌に気持ちよかった。
1時間ちょっとで山頂に到着。360度見渡せる山頂ってことが有名らしいのだが、北側には丹沢の山々が見え、南側には市街地が広がり、その向こうに海が見えた。残念ながら丹沢山系の向こう側にある富士山は雲に隠れて見えなかった。
汗ばんだ体に風が心地よく、しばらく山頂にある木製の台の上にひっくり返っていた。やがて、やはりバスで一緒だった初老の単独登山の男性が到着し、その後から3人組もやってきて、それぞれお弁当を食べていた。3人組のお一人は、昨年秋にも登っていたそうで、その時に撮った富士山がくっきりと写っている写真を見せてもらった。
その後宮地山を経由して下山。バスの時間までかなりあったので、中津川沿いの遊歩道を寄のバス停までのんびりと歩きながら戻る。川の流れを見ながら、その回りには目に痛いほどの緑。実にいい感じ。
寄のバス停に到着するも、バスの時間まではまだまだ。脇にある寄自然休養村管理センターの中を覗いたら、桜の花の塩漬けが売っていたので、お土産に買う。後で知ったのだが、秦野やこのあたりは、桜の花の塩漬けが特産品らしい。
13時35分発のバスで新松田に戻り、途中鶴巻温泉で下車して、二宮で塩ラーメンを食べる。実は別のラーメン屋を考えていたのだが、ちょとお昼休みに入っていて閉まっており、仕方なく二宮で食べた。でも、塩ラーメン美味しかった。
その後は、いつもの弘法の里の湯で温泉に浸かり、帰宅。
健康的な汗をかき、良い空気を吸って、かなりリフレッシュできた。
posted by tady at 10:04| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

今週食べたラーメン10年5月第2週

GW中の3日・4日と休みを取って、イタリア映画祭後半を見に行った。
映画のことは、別に書くとして、都会に出たのでラーメンである。
3日は、その日の1本目を見て、お昼。有楽町近辺で食べようと思っていたラーメン屋、数奇屋橋ラーメンと美豚は休み。仕方なく、松富でラーメンを食べる。ここは、映画祭の旅に食べる、1年に一度の店。味は、昨年とさほど変わっていなかった。
2本目を見て、3本目は既に見ていたので、しばし時間が空いたので、秋葉原に行ってみた。久々に訪れる秋葉原だったが、GW中ってこともあって、結構な人手だった。これといって欲しいパソコンパーツもなく、ただぶらぶらと散策。それにしても秋葉原の変化は早い。
最近、秋葉原周辺にはラーメン屋の新店がいろいろと出来ているのだが、ここのところ二郎系を食べていなかったので、以前「大二郎」があったところにリニューアルオープンしていた「影武者」でラーメンを食べる。「大二郎」よりは二郎っぽかった。食べ終わってぶらぶらしていると、麺屋武蔵の新店「厳虎」を発見。これも二郎インスパイア系らしいので、今度機会があったら食べてみようと思う。
それでも時間が余ったので、秋葉原から有楽町まで、徒歩で戻って、4本目の映画を見て、帰宅。さすがにラーメン2食たべていたので、夜は食べる気にならなかった。

翌4日は、昼からの上映の2本目とその次の3本目を見る。早めに有楽町に向かい、途中「はしご」でダンダン麺中辛を食べる。この店も毎年イタリア映画祭の時に食べるのだが、いつも食べていた店は閉店していて、本店を訪れる。微妙に味が違っていて、本店のほうが美味しかった。
ラーメンで腹が膨れて、映画を見たのだが、睡魔に教われることもなく、見終わる。多分、今回のイタリア映画祭で、一番面白かったかも、会場からも笑いが漏れていた。
3本目は、一転、かなり深刻なテーマの映画で、こちらも面白かった。
見終わって、帰宅する途中、中目黒で途中下車。最近出来た「春木屋」の新店で中華そばを食べた。雰囲気はかなりモダンな感じの店構えだったが、時々ここのラーメンが食べたくなると行くラー博の春木屋と遜色なく美味しかった。
さすがに運動もせず、座ってずーっと映画を見ているだけなのに、1日2杯もラーメンを食べていたので、ちょっと体が重くなってしまったw
posted by tady at 19:46| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

今週食べたラーメン10年4月第5週

GWに入り、毎年恒例のイタリア映画祭が始まって、どうにか休みを取って28日と29日に都心に出かけた。
映画の話は別に書くのだけれど、めったに都心に出かけることがないので、この機会に、あまり行かないラーメン屋を回ってみた。
28日は、映画祭の初日で、最初の上映はお昼過ぎだった。
というわけで、昼は、映画祭が開催される有楽町周辺のラーメン屋をターゲットにした。
今年で10回目となる映画祭にほとんど毎年通っているのだが、どうしても行けてないラーメン屋があって、今年こそと思って行ったら営業していた。
それは、有楽町のビルの地下にある「中本」。ラーメンで中本と言えば、蒙古タンメンを連想するのだが、ここは、全く関係がない。
営業時間が極端に短くて、土日祝日は休み。平日も月曜日から木曜日は昼営業のみで、かろうじて金曜日だけ夜の営業があるって店だ。
有楽町の一等地に店を構えていて、こんな営業時間で経営が成り立っているのかと思ってしまう。
今回はGWに入る前日の平日の木曜日が28日だったので、営業していた。
ネットで見ると、まずくてうまい店なんてコメントもあった。お勧めは盛り合わせらしい。
で、盛り合わせラーメンを注文。
出てきたラーメンは、チャーシューが3枚乗って、メンマとか卵もトッピングされている醤油ラーメン。一口食べて、こりゃまずいって味だ。スープに濃くも出汁の味もほとんど無くて、乾麺を使う竹岡式ラーメンの方がよっぽど美味しいと思うほどの薄さ。
麺は中太麺で、食べごたえはあるのだけれど、スープとはまったく絡まない。ただ、チャーシューだけはいい味。
なんてまずいラーメンなんだろうと食べ進み、最後にスープを飲むと、これが美味しいのだ。
こんなマズウマラーメンは、初めて食べた。
この日は映画を3本見て、上映が終わったのは8時すぎ。小腹が空いたので、帰宅途中で日吉のRyu-yaで中華そばを食べる。開店当初に一度食べているのだが、改めて再訪。でも、麺がどうも僕の好みではなかった。
29日も映画祭へ。この日は朝から夜まで4本の映画を見る。上映の合間を縫って、お昼に有楽町の美豚に向かうが、お休み。仕方なく、前日食べた中本の並びにある、万世ラーメンで、パーコー麺を食べた。大昔、霞ヶ関で働いていた頃、霞ヶ関ビルの1階にある万世ラーメンをよく食べに行っていたので、懐かしい味。ただ、パーコーのサイズは小さくなっていた。
posted by tady at 23:27| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年4月のアクセス解析

4月のアクセス解析を記録しておこうと思って、前月のアクセス数を参照しようとしたら、3月のアクセス解析を載せていないことに気がついた。
アクセス数を気にするようなブログではないのだけれど、見にきてくれている人たちに、報告する義務はあるんじゃないかと思っていて、毎月書くようにしていたはずなのに、なんたる失態!
で、3月と4月のアクセス解析を載せておく。
まず、3月。
訪問者数は、2276人。ページヴューは、14795。更新した記事の数は、19だった。
4月はというと
訪問者数2168人で、ページヴューは14922。更新した記事の数は、17だった。

こんなブログでも、毎月2千人以上の人が訪問し、1万以上ページヴューがあるのだから、慢心することなく、初心(月ごとの訪問者数が3桁の頃)を忘れてはならないと、改めて自戒。
全くの趣味のブログなわけで、社会的な影響力なんて、なーんもないのだけれど、情報を発信しているってことは、少なくともそれを読んでくれている読者に対する責任は、あるはず。
そのスタンスだけは、守らなければと思っております。
posted by tady at 01:03| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

今週食べたラーメン10年4月第4週

またもや19日月曜日が休み。午前中の買い物に時間を取られて、遠くのラーメン屋へは行けそうもなく、桜の終わった遊歩道を散策しながら、小一時間ほどかけて「白河中華」に行った。
注文したのは、ワンタンやチャーシュー2種が入ったツケ麺「会津スペシャル」。ツケダレの中にこれでもかってほど、ワンタンやらチャーシュー(厚切りと薄切りの2種)、メンマ、ナルト、ほうれん草、半熟卵などがたっぷりと入っている。味は酸味が効いていて、僕好み。どうも大勝軒系の甘いツケダレは苦手で、ここのような酸味があるほうが好きだ。
いつもなら、月曜日は銭湯が休みなので、日帰り温泉施設に行くのだが、この日は時間が無くて断念。
この後、久々の4連勤で、途中で、どうしてもラーメンが食べたくなり、木曜日の遅番帰りに、花月で期間限定ラーメン「万番菜」を食べる。野菜がかなり多く乗っていて、なかなかの味。ただ、スープ表面には、脂の層がずいぶんと厚く乗っていた。卓上のお酢を入れて中和しつつ完食。

24日の土曜日が休みで、この日は相模大野二郎まで足を伸ばした。野菜大量、脂たっぷりの乳化スープのガツンとくるここのラーメンを時々無性に食べたくなる。土曜日ってこともあって、普段はあまり見かけない中年のおばさんたちが何人も食べにきていたのに、ちょっとびっくり。もちろん麺少なめで注文していたのだけれど、若い体育会系か、大食いのオタク系が主流の二郎の客層から考えると、ここのラーメンも地元のおばさんたちに受け入れられつつあるみたいだ。
僕は小ラーメンニンニクヤサイを食べたのだけれど、豚も厚切りが3枚も入っていて、もういっぱいいっぱいで、ようやく食べきることができた。しばらくは、こなくてもよさそうだ。
posted by tady at 10:42| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

Don Pasta Cook&Roll Circus

Podcastで、RadioraiのCatapillerって番組を聞いていたら、ゲストにDon Pastaって人が出ていた。
話を聞いていると、ちょっと面白かったので、早速ネットを探してみると、サイトがあった。
Food Sound Systemってところで
http://www.donpasta.com/index.html
BGMにジャズが流れてきて、なかなか洒落ている。
英語・イタリア語・フランス語があるようで、イタリア語のページを覗いてみたらいろいろ書いてあって、youtubeのストリーミング画像も掲載されていた。

料理そのものを一つのショーに仕立て上げて、ステージを構成しているようで、食を大事にするいかにもイタリアらしい発想。
常に旬の食材を使い、ファーストフードや遺伝子組換え食品に反対し、伝統食を大切にして調理の手を抜かない。そして時間のかかる調理の合間に、歴史を語るって内容らしい。
これは、イタリアの伝統的な演芸であるcantastorieの要素を取り込んでいるとも書いてあった。日本語に訳すと歴史語りって意味なのだが、日本的に言うと、平家物語を弾き語りで聞かせる琵琶法師とか、あるいは浪曲師ってところだろうか。

音楽に乗せて、料理を作りながらその手順を説明し、うんちく話を織り込む映像は、見ていてなかなか楽しい。食材に火が通る音、油の跳ねる音、そしてライブでは、漂ってくる香りも観客を楽しませるみたいな説明がついていた(英語のサイトにあるYoutubeの方が、より具体的に料理の説明がなされている)。
一種のキワモノではあるのだろうけれど、きちんとした主張をもって、楽しませてくれるって意味では、かなり面白い。

マグロの解体ショーなんてのが日本でもあるけど、お金を取って、コンサートのように客に見せるってところまではいってない。金の取れるパフォーマンスとして質を上げ、おまけにマグロの握りとかつければ、日本版Don Pastaができるかも、、、、
それにしても、食を楽しむって精神が、イタリアらしい。
posted by tady at 13:29| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週食べたラーメン10年4月第3週

ここのところ遅番が多くて、夕食がどうしても11時近くになってしまう。肉体労働ってこともあり、ついつい脂っこいものが食べたくて、さらにお酒を飲むものだから、朝起きると、胃が重い。加えて、年のせいなのだろう休日でも6時前には目が覚めてしまうので、睡眠不足も重なっている。
12日月曜日が休みだったのだが、この日も朝から胃が重かった。午前中買い物を済ませて、ラーメンを食べに行ったのだが、頭では、乳化した脂っこい二郎が食べたいと思いつつも、胃の方は無理そう。そこで比較的ライトなスープの上野毛二郎へ。
到着すると待ち客は3人ほど。ほどなく座れていつもの通り麺固め小ニンニクヤサイを注文。ちょっとキツいかなぁーと思ったのだが、どうにか完食できた。二郎のラーメンは、それなりの量が胃に入るので、食べ終わった直後は苦しいのだが、脂の量も多いけど、ヤサイがかなりの量なので、なぜかその後、胃がもたれることがない。

次の休みは16日。天気はあまり良くなくて、時間もなかったので小杉二郎へ。ネット情報によると、助手君が一人で切り盛りしている場面もあったとか。二郎各支店を見ても、こんなに早く独り立ちする助手ってあまり見たことがないので、ちょっと興味が沸いたからでもある。
到着すると待ち客はなく、すぐに着席。店主は居たけど、オペレーションをほとんどすべて助手にまかせて、むしろ店主が助手のような動きをしていた。
無愛想で有名なガングロ店主なんだけど、人を育てるって気持ちがあるのかしらん?
で、出てきたラーメンは、なんにやら味が薄かった。野菜が大量に上に乗る二郎のラーメンは、下から麺をひっぱり出して、いわゆる天地返しってのをやって食べるのだが、普通底に沈んだ麺には、スープが絡んでいて、一口食べると「うめー」って二郎を食べる幸せを感じるのだが、この日は「????」。湯切りがちゃんと出来ていないのか、それともちょっと太くなったように感じた麺が変わったのか、おいしくない。
食べつづけても味は変わらず。量的には以前より増えた感じがしたのだが、味は大ハズレだった。助手の腕が上がるまで、しばらく待たなきゃならないみたいだ。
posted by tady at 09:55| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

今週食べたラーメン10年4月第2週

5日の遅番の日、仕事帰りにニュータンタンメン本舗で、タンタンメン中辛を食べる。実は、前の週の金曜日、遅番の仕事帰りに、缶ビール片手に沿道の夜桜を見つつ向かったら、店の前には待ち客が5・6人いて、諦めたこともあり、そのリベンジを兼ねて、再び夜桜を見つつ寄ってみた。
味はいつもの通り。しかし、今年は桜をずいぶんと長く見られる。
翌6日は、休みだったのだが、天気が悪く、車で買い物に出たついでに、老麺魂で地鶏そばを食べた。以前から気になっていた限定メニューなんだけど、まさにトリって感じで、チャーシューも鶏肉だった。最初はトリの匂いが鼻についてちょっとまずったかなぁーと思ったのだが、後半になるとそれほどでもなく、塩味のスープも食べ終わってもしょっぱさは感じない良い塩加減で、悪くなかった。でも、一度でいいかな、、、
一日だけ出勤して、8日が休み。曇りではあったけれど、久々に自転車で鶴見二郎に行くことにする。到着すると、カウンターで7人ほどがラーメンを待っていて、空席あり。一度にそれだけの客にラーメンを出した後、待ち客は僕だけどなった。その時にイヤーな予感がしたのだが、まさに的中。鶴見マジックを喰らってしまった。
鶴見二郎は、なぜかいつも多めに麺を茹でて、最後に結構な量を捨てている。どういう理由なのかはわからないのだが、どうやら後から客が来たときのためのようなのだ。
で、この時は、待ち客は僕のみで、厨房の中を見ていると麺をふた掴みほどお湯に投入していた。そして、そろそろゆで上がるって時に3人あらたに到着。さすがにちょっと後から来た人の分は出さなかったけれど、僕を含めて3人分のラーメンが出てきた。これはどう考えてもおよそ二人分のラーメンを3人前に無理くりしてるのは明白で、実際とっても少なかった。さらに豚は一切れだけ、、、、
ちょっと乳化したスープも、麺の太さも、豚の柔らかさも二郎の中でもかなり美味しいレベルだと思うのだけれど、麺の量、野菜の量、豚の大きさがいずれもとっても少ないのが難点だ。
久々の鶴見二郎で、美味しかったのだけれど、なにやら釈然としない不満が残った。

この日は30キロ近くを自転車で走ったのだが,ついに総走行距離が3000キロを超えた。2007年の5月に新しい自転車にしてメーターを付けてから、およそ3年。ここのところ寒いのと、仕事がキツくて休日に自転車に乗る気がおきなかったこともあって、あんまり走っていなかった。2700キロを超えたのが去年の7月なので、300キロを走るのに9ヶ月も要したことになる。
これから季節も良くなるので、健康のためにも、もう少し走ろうかな、、、
posted by tady at 11:07| ローマ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

今週食べたラーメン10年3月第5週

今週は29日月曜日、遅番の帰り、花冷えの寒さの中、花月で「ペジらぁめんナナコ」を食べる。動物素材を一切使っていない野菜のみのラーメンってことで、どんな味なのか気になっていた。
想像していたよりも、きちんとラーメンしていて、そこそこ美味しかった。麺は細めで、食べ初めはいい感じなのだが、すぐに伸びてしまうのは、ちょっと残念。スープは植物系のみとは言うものの、化学調味料は使っているみたいだ。確かに化学調味料も植物由来ではあるのだけれど、、、

30日が休みで、しらすと桜を目的に鎌倉に行く。生しらすを求めていったのだが、有名店「しらすや」のしらすづくし定食には、生しらすはついてこなかった。鎌倉を散策中、あちこち生しらすの食べられそうな店を見てみたのだが、どうやらこの日は漁がなかったようで、どこにも生しらすはなし、、、、鶴岡八幡宮の参道である段葛の桜もまだ満開ではなく、こっちもちょっとがっかり。
まあ、天気が良く江ノ島の背後に富士山がくっきりと見え、春の砂浜をのんびりと散策できたので、それなりに良かった。


実に珍しく3日の土曜日が休み。この日も天気が良くて、午前中買い物を兼ねて、家人を連れて車で近場の桜の名所を一回りする。
その後、土曜日は午後4時まで営業している川崎二郎へ。さすがに土曜日だけあって、2時すぎに到着すると、結構な列があった。40分ほど待って着席。ロット的には、始めの方に着席できたので、麺固めをバッチリ注文できた。豚は味がちょっと薄かったけど食べごたえ十分。久々の川崎二郎を堪能。でもちょっとスープが甘くなった気がした。
posted by tady at 21:22| ローマ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

今週食べたラーメン10年3月第4週

日曜か月曜までには、その前の週に食べたラーメンをアップしていたのだが、今回はちょっと遅れてしまった。
で、祝日だった22日が休みで、この日は自転車で近場を走り、その後少し足を伸ばして「どん」で豚骨魚介ラーメンを食べた。本当は二郎を食べたかったのだが、祝日は休みの所が多く、ここなら営業しているだろうってことで、決めた。
日吉という街は、慶応大学があるため、平日でも学生が多く、昼時には、ラーメン屋に行列ができていたりするのだが、祝日だったためか、人も少なく、昼時にもかかわらず、すぐに座れた。
あくまでも二郎インスパイア系なので、二郎を食べた時のような満足感は得られないものの、代替としては、十分に満足できるレベルだ。厨房には、初めて見る髭面の店員がいたのだが、食べ物を提供する店としては、清潔感に欠ける感じがして、僕的には、違和感があった。小杉二郎の前の助手もそうだったんだけどね。

26日が休み。この日は二郎デーで、上野毛二郎の無料トッピングはコーンバターとのメルマガがケイタイに届いていた。でも、あんまり魅力を感じなくて、それよりもちょっと前から食べたかった松陰神社駅近くの「辰屋」に行くことにする。
ここのラーメンも二郎インスパイア系なのだが、「どん」よりもずっと完成度は高く、時々「辰醤油」が食べたくなるのだ。ネットでは、カレー風味が新メニューとして登場したと書かれていて、それも気になっていた。
到着すると行列はなく、すぐに座れた。勿論注文したのは「辰醤油カレー風味」。ここの太麺は、実に美味しく癖になる。カレー風味ともいい感じにマッチしていて、今回は豚がかなり厚切りで、これもまた美味しかった。
でも、食べ終わった感想としては、やっぱりシンプルな「辰醤油」の方が美味しいかも、、、、
休日のもう一つの楽しみである銭湯に行くために、ソソクサと帰路についたのだが、田園都市線が人身事故でストップしてしまい、かなりの回り道をして帰るハメになってしまった。
posted by tady at 00:37| ローマ ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

今週食べたラーメン10年3月第3週

15日は、早番で、夕方に歯医者の予約が入っていた。左上の犬歯が歯周病で、結局抜くことになり、そこにブリッジで義歯を入れることになっていた。前回型を取ったときは、麻酔をかけられて、その後しばらく何も食べられなかったので、今回はあらかじめラーメンを一杯食べて行くことにして、一点張りで醤油ラーメンを食べた。
味噌ラーメンの店なのだが、醤油ラーメンもなかなかいける。

三連勤で1日休み、そしてまた三連勤って週で、休みだったのは木曜日のみ。ここのところ、遅番が多くて、帰宅が1午後11時近くになり、それから夕飯を食べて一杯飲んで寝るって生活なので、朝どうしても胃が重い。
そんなわけで、この日もあっさりした醤油ラーメンが食べたくて、前回昼営業が休みで食べられなかった「龍(ロン)」に行ってみた。どうやら昼営業を再開したらしく営業していた。
注文したのは醤油ラーメン細麺。毎回思うのだが、ここのコストパフォーマンスはかなりいい。普通のラーメンの1,5倍ほどの麺量で、ゆで卵がまるまる1個、大きめのチャーシューが入り、これで550円は、お得な感じだ。めちゃめちゃ美味しいという訳ではないのだが、時々食べたくなる味。
お腹も膨れて満足して帰宅。

今週は2杯しかラーメンを食べなかった。
posted by tady at 11:00| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

今週食べたラーメン10年3月第2週

10日水曜日が休みで、相模大野二郎に行く。相模大野駅前の再開発もどんどん進んでいるようで、今まで通れた道が封鎖されて、駅からのルートが変わっていた。到着すると珍しく行列はなく、即座に着席。小ラーメンニンニクヤサイを注文。しかしここの野菜の盛りは半端じゃない。今回もようやっと食べきれた。毎回苦しい思いをするのに、また食べたくなってしまうっていうのは、やっぱり中毒以外の何者でもないのであろう。
12日は遅番で、帰りにちょっと回り道をして「じれっ亭」でいわゆる家系を食べる。以前何度か食べたことのがあるのだが、大体酔っ払って帰宅する時だったので、素面で食べたのは初めてかもしれない。可もなく不可もなく家系としてはそこそこの水準を保っている味であった。
14日日曜日が休み。日曜が休みなんて、実に久しぶり。天気もよくどこかへ出かけたくてウズウズしていたのだが、買出しやら、確定申告の締切りが迫っていたりしたため、遠出は諦め、久しぶりに自転車で小杉二郎に向かった。ガングロ店主一人で切り盛りしていたその後が気になったからでもある。
到着すると、なんと新しい助手がいた。まだ不慣れなようで、いっぱいっぱいの感じ。両替を頼んだのに、忘れられてしまい、しばし食券を買えなかった。
助手の盛る野菜の量は、かなり少なめ。麺はなんだかちょっと太くなったような感じがした。またスープが妙に甘かった。以前のようなカネシの味が勝っているしょっぱめの方が好なのだが、、、
店主と助手の関係は、かなりギクシャク。厨房内には緊張が漂っていた。その後、横須賀線の小杉駅開業の日でもあったので、駅周辺を自転車でちょこっと回り、そそくさと帰宅して確定申告を終えた。
posted by tady at 19:35| ローマ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

今週食べたラーメン10年3月第1週

今週は2日・3日と連休があった。
2日は、午前中に家の諸々の事を終え、川崎二郎へ。以前は自転車でよく行ったのだが、最近はそれだけの体力がなく、公共交通機関に乗り、本を読んだり、うたた寝をしたりしながら向かう。
到着すると店の前に行列がなく、一瞬臨時休業かと思ったのだが、店内に5人ほどの待ち客がいた。
麺固めを注文したのだが、川崎二郎は5人単位で、基本的に回転していて、僕は次のロットの5人めで、二つ前のロットの人が、早く食べないと座れない状況になっており、加えてそのロットにはカップルがいて、女性はかなりゆっくり目に食べていた。つまり、着席するのが一番最後になる僕が麺固めを頼んだってことは、店的には、僕が着席するまでは、固めじゃない人のラーメンを出せない状況に、、、、
結局、すぐ前のロットで食べるのが早い人がいて、二つ前のロットの女性が食べ終わるよりも早く僕は着席できたのだが、それでも出てきたラーメンの麺は、かなりデロデロだった。僕より先に着席しながら、固めを注文していなかったお客さんたちは、そうとうデロデロの麺を食べることになったはず、、、
麺は別にして、豚はかなりいい感じで、まあまあ満足。

3日は、車を車検に持っていかなければならない日で、朝の9時半にディーラーに車を持ち込む。その後、天気もそこそこよかったので、鎌倉に行く。
北鎌倉の駅前にある大陸ってラーメン屋というか中華料理店のタンメンが気になっていて、それを食べるのも目的の一つだった。
北鎌倉に到着したのは、11時すぎ。ところが店の開店時間は11時半ってことで、とりあえず東慶寺に行き、梅を見る。
11時半を過ぎたころに大陸へ。北鎌倉 大陸でググると出てくるのだが、ここのタンメンはジョー山中が食べていたらしい、、、、
実にオーソドックスなタンメンで、スープを一口飲むと、うすーいって感じ。でも食べ進むといい感じなのだ。野菜の炒め具合も絶妙で、シャキシャキ感がいい。麺は、平べったい中太麺で、渋谷の喜楽の麺に似ていた。
食べ終わったあと、ぶらぶらと鎌倉を歩き、小町通りへ。以前から気になっていたカレーの店キャラウェイの前を通ると、行列がかなり短く、並ぶことにする。
15分ほど待って店内へ。注文したのはチキンカレー。かなりもったりしたルーで、食べ始めは「これが行列する店の味?」って感じだったのだが、食べ進むと納得できる味だと分かった。
僕的には、カレーはもっと辛いほうが好なのだが、万人に受ける味ってことでは納得できる。

4日が早番だったのだが、車検の不手際などがあり、帰宅後再びディーラーに行くことになっていたので、帰宅途中、とりあえずの腹ふさぎに一風堂で白丸を食べる。成功しているチェーン店だけあって、味にソツがない。ちょっと値段的には高いのだけれど、卓上の無料トッピングを色々いれられるので、まあ許されるかな、、、

6日土曜日が再び休み。実に珍しい土曜休みだった。この日は、前日にちょっと飲みすぎたこともあり、胃が重くて、二郎って気分ではなく、いろいろ考えた末、ちょっと前から無性に食べたくなっていた神保町の「さぶちゃん」に行くことにした。
神保町界隈は、なんだかんだ言って、20年近く仕事で通っていた場所なので、懐かしさもかなりあった。
久々に訪れたら、おやじさんがかなり老けていて、ちょっとショック。半チャンラーメンを頼む。この店が半チャンラーメン発祥の店なんだそうだ。
味は、昔ながらの味。化学調味料がばっちり効いた醤油ラーメンである。いやーでもうまかった。
おやじさんの年齢を考えるといつまで食べられるのか分からないので、機会があったら食べられるうちにまた食べにきたいと思いつつ店を後にした。
posted by tady at 22:08| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

2010年2月のアクセス解析

2月の訪問者数は、2423人。ページヴューは13040だった。投稿記事数は15と少なかったのだけれど、更新するとアクセス数が伸びたので、それが加算されていたようだ。
それと、最終日の28日に、チリ大地震の津波の影響を調べる人が多かったようで、以前記事にした小笠原ライブカメラを検索キーワードとして、アクセスしてきた人がかなりあった。
このブログを始めたころは、毎日更新を目指していたのだが、細く長くって感じのブログになりつつある。
posted by tady at 11:11| ローマ | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週食べたラーメン10年2月第4週

今週も月曜日が休みだった。こってりめの二郎を食べたいと思っていたが、相模大野二郎は月曜定休。関内二郎は長蛇の列が予想され、交通便が良く駅から至近の上野毛二郎に行くことにする。
12時ちょっと過ぎに到着すると、待ち客は5人程度で、比較的すぐに座れた。ただ、既に麺を茹で始めていて、麺固めの人にはサーブされており、間に合えば固めでと注文すると、即座に麺上げして出てきたのだが、やっぱりちょっと柔らかかった。一方豚は固めで、この日はハズレ。

24日の遅番の帰り、「汐そば屋」に行く。ここは以前「汐のや」って店名だったのだが、店名を変えたらしい。
妙に暖かい日で、柚子塩つけ麺を注文。大盛がサービスってことで、大盛にしてもらった。
出てきた麺は、細麺なのだが、茹ですぎ気味で、締めた後の水切りがいまいちで、かなり固まっていて、箸で持ち上げると団子状になっていた。それでもほぐしながら、つけ汁に入れて食べたが、つけ汁の味は、いい感じ。ただ柚子の香りは全くしなかった。
流行りの太麺、とんこつ魚介系のつけ麺とは違った、まあ満足できる味だった。

26日が休み。この日こそ相模大野二郎へとも思ったのだが、上野毛二郎の26デー(ジローデー)のサービストッピング、うずらの卵に釣られて、上野毛二郎を再訪してしまった。
やっぱり26デーのせいか、到着すると20人ほどの行列。40分ほど待って着席。この日は野菜が少なくなってしまったようで、野菜マシはできなかった。トッピングのうずらの卵は4つ。豚はそこそこ柔らかく、麺も固めの注文通りで、この日は満足できた。
posted by tady at 11:02| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。