2010年11月11日

ネタメモ10-11-11

ここのところ、イタリア関係のネタをまったく掲載できていない。気になっているネタメモ
海の中の騒音公害によって、魚が影響を受けているって調査の話
http://www.repubblica.it/ambiente/2010/10/06/news/sordo_come_un_pesce-7698202/
これは1ヶ月あまり前の記事だ。

The Ecologistって有名な雑誌の編集長が、ベジタリアンを止めた話
http://www.repubblica.it/ambiente/2010/10/20/news/il_vegetariano_si_converte_la_carne_fa_bene_al_pianeta-8262608/
肉を食べた方が地球に優しいって話なのだが、この記事はちょっと面白そう。

アメリカで失われてしまった初期の無声映画のフィルムがロシアで発見されて、アメリカに返却されたって話
http://www.repubblica.it/spettacoli-e-cultura/2010/10/26/news/film_muti_perduti_restituiti-8386131/

ISTATの調査によると、イタリア人は生活にそこそこ満足していて、経済危機をあまり感じていないって話
http://www.repubblica.it/economia/2010/11/04/news/istat-8728815/
ほんとかな?って思うけど、、、、ネタ元をあたってみなければ、、、

もっと家族と一緒に過ごしたいのに時間がないって調査の話
http://www.repubblica.it/cronaca/2010/11/04/news/tempo_famiglia-8724187/

最近の若者の傾向として、物欲がなくなり、パソコンとiphonがあれば十分って世代が出てきてるって話
http://www.repubblica.it/cronaca/2010/11/02/news/generazione_zero_vivere_liberi_dagli_oggetti-8653256/

ポンペイの遺跡の一部が崩壊してしまったって話
http://www.repubblica.it/cronaca/2010/11/06/news/ex_sovrintendente_non_c_era_allarme-8818685/
世界遺産でもあり、大切に保護されているはずの場所が崩壊してしまったってことで、大統領も恥ずべきことだとコメントしたようだ。

モーツァルトを街に流したら、犯罪が減ったって話
http://www.repubblica.it/esteri/2010/11/09/news/mozart_criminalita-8902831/
これはイタリアじゃなくて、ニュージーランドの話で、ネットで調べたら、日本語でも既に紹介されていた。
http://labaq.com/archives/51521877.html

気にはなりつつも、ぜんぜん記事にできてなくて、ネタが古くなっていく一方だ、、、、
物理的時間よりも、精神的余裕がないからだと思うのだけれど、、、、

そうそう、11月のアクセス解析もまだだったな。
posted by tady at 10:32| ローマ | Comment(1) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

ネタメモ10−9−7

気になりつつ、このブログに掲載されていないイタリアネタが溜まってしまった。
見出しだけだったり、ざっと流し読みしただけの記事なので、正確な内容ではないかもしれないけれど、とりあえず、、

8月1日のLa Repubblicaの記事
http://www.repubblica.it/cronaca/2010/08/01/news/il_nuovo_latin_lover_lo_studente_il_macho_italiano_non_esiste_pi-6000216/
海外からイタリアにやってくる女性たちへのアンケートから、昔ながらの陽気で、女性に手が早いラテンラバーとしてのイタリア男性が求められていないってことが分かったって記事。肉食系男子よりは草食系男子が好まれているらしい。

ローマの落書きをローマ在住のアメリカ人たちが、消すって話
これは、8月7日のLa Repubblicaの記事
http://roma.repubblica.it/cronaca/2010/08/07/news/il_sito_del_wall_street_journal_roma_offesa_dai_graffiti-6136569/
ローマ在住のアメリカ人(外交官などを含む)が、ローマの落書きを消すアクションを起こしたって話が、Wall Street Journalに掲載されたって記事なのだが、永遠の都ローマを観光客のために美しく保つために、アメリカ人たちが立ち上がったってことらしいのだが、一方で、ローマに住む人々は、自分たちは、遺跡の中に生きているわけではなく、落書きがあるからこそ、今現在のローマなんだってなことを言っているらしい。
ローマには、街の外観を維持するための法律なんかもあって、落書きされた部分だけにペンキを塗っても、そこが汚らしくなるので、落書きされた壁は全面的に同じ色で塗り直さなければならないらしくて、個人所有の建物の場合、それに膨大な費用がかかるらしい。
落書きを消すってことだけで、文化論争にまで発展しちゃうのは、いかにもイタリアらしい。
落書きを消す作業を写した写真も掲載されている。
http://roma.repubblica.it/cronaca/2010/04/17/foto/trastevere_operazione_pulizia-3423122/1/
落書きを消すことに関しての是非を論じた記事がここ
http://www.rainews24.rai.it/it/news.php?newsid=143790

フィレンツェにある、ミケランジェロのダビデ像は誰の所有物かって記事があった。
http://firenze.repubblica.it/cronaca/2010/08/14/news/stsfgs_fg_dasasdasdasd_fggsdfg_df_dfssdfsdfl-6289994/
国家のものなのか、フィレンツェのものなのかで論争が起きているらしい。
今は国のものとして管理されているらしいのだが、ダビデ像を見にくる観光客の落とすお金が欲しいフィレンツェとしては、国家のものではなく、フィレンツェのものだと主張しているらしい。
歴史的な経緯を含めて、双方の主張がぶつかっているらしく、ちゃんと読んで記事にしたら面白いと思ったのが、時間が、、、、

60歳は40歳って記事
http://route66.corriere.it/2010/08/60_e_il_nuovo_40_o_40_il_nuovo.html
寿命が伸びた分、今の60歳は、かつての40歳にあたるってのが、この記事。
元ネタは、アメリカの記事らしい。
確かに僕のまわりの友人をみても、「エ!、彼が還暦?」っていう友人も多く、今の60代はとっても元気。これもちゃんと読んで、元ネタまで調べたかったのだが、、、、、

イタリアの経済状態に関する記事も気になるものがいっぱい。
イタリアの女性の労働条件が、EUの中でもひどい状況にあるって記事
http://www.repubblica.it/economia/2010/08/18/news/lavoro_stipendi_pi_bassi_per_le_donne-6357236/

また、イタリアの消費が低迷しているって記事もあった。
http://www.repubblica.it/economia/2010/08/28/news/spesa_famiglie-6572423/

http://www.repubblica.it/economia/2010/08/14/news/indebitamento_famiglie-6281394/


経済状態が大変だからか、老夫婦の夫が妻を殺害し、自分は自殺したって記事もあった。
http://gazzettadireggio.gelocal.it/dettaglio/omicidio-suicidio-anziani-problemi-economici-il-movente-lei-ha-ucciso-lui-e-si-e-impiccata/2266257

一方で、パンを買わないで、小麦を買って自らパンを焼くって人たちも出てきているらしい
http://www.repubblica.it/ambiente/2010/08/29/news/apostoli_verdi-6587590/
その方が環境にもやさしいとか、、、

偽物のmade in Italyが増えているって記事も
http://www.repubblica.it/cronaca/2010/09/03/news/finto_made_in_italy-6722120/
イタリアも日本と同じで、食品に関して、その生産国ではなく、最終加工地をラベルに表示すれば、法律的には問題がないらしく、外国産の原料を使ってイタリアで加工されたものが、イタリア産として売られているらしい。
これもちゃんと読むと面白そう。
また、関連サイトに、なんちゃってイタリアンの記事があったのだが、こっちはもっと面白うそうだった。サイトは今、見つからない、、、、
posted by tady at 21:31| ローマ | Comment(1) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月31日

ネタメモ10-7-31

またもやイタリアネタの更新が遅れている。
気になっているネタは、イタリア環境連合Legambienteが発表したTexas Italiaってレポート。
http://www.legambiente.it/dettaglio.php?tipologia_id=5&contenuti_id=1368
イタリア国内で採掘されている石油と今後の採掘計画についての報告書で、メキシコ湾での原油流失事故もあってか、海洋汚染の問題を指摘している。
詳しく読んできちんと記事にしたいのだが、時間がとれない。

もうひとつは、La Repubblicaの記事で、イタリアが銃社会であるって記事。
http://www.repubblica.it/cronaca/2010/07/30/news/l_italia_della_violenza_a_mano_armata_dieci_milioni_di_armi_e_pochi_controlli-5942122/?ref=HREC1-3
最近、銃による殺人事件が頻発していて、その背景を記事にしたもののようだ。
見出しによると、およそ1000万丁の銃が出回っており、管理がきちんとなされていないという。
これもちゃんと読んでここに掲載したのだけれど、やっぱり時間が、、、、、
そして早くも8月になろうとしている、、、、、、
posted by tady at 11:17| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

ネタメモ10-7-8

ここのところ、イタリアネタの更新が滞っている。
というわけで、気になっているネタのメモ
まず、Raiのラジオ2の番組で、podcastで聞いているCatapillarの中で、Accademia della Cruscaが、SMSで使われるイタリア語についてのセミナーを開いたって言っていた。
Catapillarのサイトはここ
http://caterpillar.blog.rai.it/
で、Accademia Della Cruscaは
http://www.accademiadellacrusca.it/se_telefonando_ti_scrivo.shtml

Catapillarは、いわゆるお笑いコンビがやっている番組なのだが、扱っている内容は、かなり政治色の強い物で、文字情報では分からないことでも、話し言葉でわかりやすく伝えてくれるので、良く聞いている。

一方Accademia Della Cruscaだが、フランス語には、アカデミー・フランセズが、スペイン語なら、スペイン王立アカデミーがあって、どれが正しいフランス語やスペイン語であるかってことを決めていたりするんだけど、イタリア語には、それにあたる国立機関はない。その代わりにあるのが、このAccademia Della Cruscaだ。
そこが、SMS(イタリアでは、電話番号当てにショーとメールを送るSMSが普及していて、いわゆる携帯メールはあまり普及していない。)で使われているイタリア語を扱うっていうのに大変興味があって、現代のイタリアの若者たちの言葉を知るには最適かもと思って、じっくりとセミナーの記事を探して読んでみようと思っているのだが、時間が、、、、、

もうひとつは、現在イタリア国会で審議が続いているLegge Bavaglio(通称盗聴法)の問題。
またもやベルルスコーニが、自分勝手な法律を作ろうとしているらしいのだが、これも詳細について読み込んでいる時間がない。
この辺の記事を読むとポイントが分かりそう。
http://www.ilsalvagente.it/Sezione.jsp?titolo=Punto%20per%20punto%20la%20legge%20bavaglio:%20ecco%20cosa%20cambierebbe&idSezione=7273

というわけで、このブログに書けるかどうか分からないけど、とりあえずのネタメモです。
posted by tady at 10:29| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

ネタメモ10−5−30

ISTAT(イタリア国立統計研究所)の年報が発表になっている。
http://www.istat.it/dati/catalogo/20100526_00/
レポート全文をダウンロードしたのだが、全文で389ページもあり、要約だけでも24ページ。読むのが大変。
イタリアのマスコミは、この年報を元に、不況によりニートが増加していると報じている。
http://www.repubblica.it/economia/2010/05/26/news/rapporto_istat-4330673/
それによると、イタリアのニートの人口は、200万人以上になるという。
日本のニートの状況についてもネットでちょっと調べたのだが、きちんとした統計数字ってのがないようなのだ。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3450.html
ちょっと時間をかけて、ISTATの年報を読んで、日本のニートについて調べてみようかと思っていたら、更新が滞ってしまった。
もう少し、お待ちを
posted by tady at 21:03| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

ネタメモ10−4−3

気になるネタはあるのだけれど、更新ができていない。
ミラノの地下鉄が、太陽光発電の電力を使い始めるってニュース
http://www.lastampa.it/_web/cmstp/tmplrubriche/ambiente/grubrica.asp?ID_blog=51&ID_articolo=1298&ID_sezione=76&sezione=

Legambiente=イタリア環境連合のレポート「Comuni Rinnovabili 2010」
http://www.legambiente.eu/scienza/cdoc/schedaDoc.php?id=4940
PDFファイルはこちら
http://www.legambiente.eu/documenti/2010/dossier_vari/RapportoComuniRinnovabili2010.pdf
イタリア政府は原発を作ろうとしているけれど、地方自治体は、オルタナティブエネルギーの発電所などを作り始めている。
レポートは84ページの長文なので、読んでる時間がない。
序文の強調してある部分だけを見たら、少なくとも一つ以上のオルタナティブのエネルギープラントを設置した市町村は、6993もあるそうだ。
この内容は時間がある時にちゃんと読んで記事にしたいと思っている。

一方で、バイオ燃料が、環境を脅かすってレポートが、actionaidって団体から発表されたらしい。
http://www3.lastampa.it/ambiente/sezioni/news/articolo/lstp/177652/
バイオ燃料を作るために、第三世界の食料が脅かされ、その結果環境にも悪影響を与えるってことを調査した内容のようだ。
actionaidのイタリアのサイトはここ
http://www.actionaid.it/it/hp_it.html
これも、時間があったらちゃんと調べて記事にしたいののだが、、、、

La Stampaは、環境関連のニュースのページをリニューアルして、ニュース量が格段に増えている。
http://www3.lastampa.it/ambiente/
環境問題にずっと関心を持ってきた僕としては、このページを読むだけでも大変。今思っていることは、日本のマスメディアのサイトとイタリアのマスメディアのサイトにおける環境問題の報道の量の違いがどれくらいあるのかってことの比較をしてみたら面白そうってこと。
これも、時間が、、、、
posted by tady at 22:28| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

ネタメモ10-3-6

3月1日に、イタリアの移民たちのストがあった。
http://www.legambiente.eu/documenti/2010/0222_ScioperoImmigrati/index.php
移民社会になりつつあるイタリアで、彼らがストをすると国の機能がストップすることになりかねない。詳しく知りたいところなのだが、未だに見出ししか見てない、、、、

今年はカラヴァッジョ死後400年にあたる年で、カラヴァッジョ関連のニュースがいくつか出ている。
http://www.repubblica.it/speciali/arte/recensioni/2010/02/19/news/caravaggio_conteso-2363730/

http://www3.lastampa.it/arte/sezioni/news/articolo/lstp/144962/
これもちゃんと読んでみたいのだが、時間が、、、、

水500ミリリットルで、平均時速25キロ、走行距離100キロっていう自転車が開発されたってニュース。
http://iltirreno.gelocal.it/dettaglio/la-bici-scopre-lidrogeno/1877661
これもかなり面白そうなのだが、やっぱり記事を読んでる時間が、、、

ちょっと前になるけど、蛍の持っている物質を使って、ダイオキシンの検査が簡単にできるって技術が開発されたってニュースもあった。
http://www.lastampa.it/_web/cmstp/tmplrubriche/ambiente/grubrica.asp?ID_blog=51&ID_articolo=1284&ID_sezione=76&sezione=

さて、この中から記事にできるのはいくつかな?
posted by tady at 22:15| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

ネタメモ 10-2-20

ここのところ更新が滞っている。
で、気になっているネタメモ
Protezione Civile=(市民保護局とでも訳すのかな?)の汚職問題
災害時などに出動して、市民保護の活動を行う国の機関なんだけど、そこでの汚職が問題になっている。

サンレモ音楽祭開催
出演予定だった歌手が、コカインをやっていることが明らかになったりして、始まる前からいろいろあったようだが、どうなっているのかな?

国会議員、麻薬汚染調査
国会議員に麻薬のテストをしたところ、コカインが+と出た国会議員が一人いるんだとか。
http://www.lastampa.it/redazione/cmsSezioni/politica/201002articoli/52356girata.asp
自由参加で、同意の元に232人の国会議員がテストを受け、そのうち一人がコカインチェックで陽性とでたらしい。
アヘンはいなかったそうだ。
これも気になるところ、、、、

ミラノとトリノの首長の呼びかけで、ポー川流域の80の市町村が、2月28日日曜日に自動車の走行を禁止するらしい。これは、大気汚染のひどさに抗議する意味も込められているとか。
http://www.repubblica.it/cronaca/2010/02/19/news/grande_adesione_alla_proposta_chiamarino-moratti_domenica_si_fermeranno_per_lo_smog_ottanta_comuni-2359317/
冬のイタリア北部は、毎年のように大気汚染がひどくなり、市民生活を脅かしているようだが、根本的な対策はとられていないようだ。
posted by tady at 10:56| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ネタメモ10/02/07

イタリア環境連合「Mal'aria 2010」発表。
http://www.legambiente.eu/documenti/2010/index.php
レポートの全文は
http://www.legambiente.eu/documenti/2010/malariaUltimo.pdf
La Stampaの記事

ミラノの大気汚染深刻化
これもLa Stampaの記事
そして子供の気管支炎が増加
La Stampa記事

イタリア政府、原発建設に邪魔となる州法に対する不服審査を憲法裁判所に提出
こっちはLa Repubblicaの記事
posted by tady at 10:44| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月08日

ネタメモ10/01/08

時間が無いのでリンクは張れないけど、こんなネタが気になってる。

カラブリア裁判所爆破事件とンドランゲタ
昨年のエコロジストアワードについて
スエーデンの狼狩
昨年の今年の言葉各種の紹介(イタリア語の英語外来語)

posted by tady at 10:50| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

ネタメモ10/01/02

早速、記事にしたいと思っているネタメモです。
メモなので、解説とか一切なし、僕自身の覚書ってことで、、、
リンクは張ってあるので気になる方は見てください。
イタリア語と英語が多いかも、、、、

鉄塔コンペ
http://www.repubblica.it/2009/12/sezioni/tecnologia/tralicci-autore/tralicci-autore/tralicci-autore.html
http://static.repubblica.it/repubblica/ambiente/traliccio/index.html
レプブリカの記事。鉄塔のデザインコンペがあった。
環境に優しい景観に溶け込んだ鉄塔のデザイン
電力ネットワークを整備しないと、小規模の太陽光発電などの電気を運べない。
送電ロスの軽減

ローマ散歩ネタ
マルサラ通り
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&safe=active&rlz=1B3GGGL_jaJP298JP307&q=via%20marsala%20%20roma%20storia&lr=lang_it&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl
マルサラ酒→酒精強化ワインmetodo solares
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%B7%E5%8C%96%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%B3
http://it.wikipedia.org/wiki/Metodo_soleras

省エネ家電製品ランキング
スタンパ記事
http://www.lastampa.it/_web/cmstp/tmplrubriche/ambiente/grubrica.asp?ID_blog=51&ID_articolo=1232&ID_sezione=76&sezione=Ambiente

ホメオパティクとは
スタンパ記事
http://www.lastampa.it/_web/cmstp/tmplrubriche/blog/grubrica.asp?ID_blog=281&ID_articolo=8&ID_sezione=&sezione=
ウィキ解説
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BC

世界を変えたweb
スタンパ記事
http://www.lastampa.it/_web/cmstp/tmplrubriche/tecnologia/grubrica.asp?ID_blog=30&ID_articolo=7088&ID_sezione=38&sezione=News

パスタ有名会社カルテル
http://www.helpconsumatori.it/news.php?id=25919
財務警察、パスタ有名会社を捜索
小麦の価格が下がったにも関わらず価格を釣り上げたままにした、闇カルテルの疑い

キャンティワイン酒造会社捜索
http://www.lastampa.it/_web/cmstp/tmplrubriche/giornalisti/grubrica.asp?ID_blog=241&ID_articolo=211&ID_sezione=634&sezione=
不純物混入の疑い
posted by tady at 16:34| ローマ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネタメモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。